50代からのダイエット3つのコツ(女性編)

こんにちは

東京・埼玉を中心に出張パーソナルトレーニングをしている

瀧田雄也です。

50代からのダイエット

年齢を重ねる度に痩せづらくなっていませんか?

何も生活は変わっていないのに体重が増える、体型が変わってしまう。

以前は◯◯すれば元に戻ったのに今は戻らない。

ちょっとした考え方の変化で50代のダイエットが楽になります。今回は私のトレーニング指導の経験を元に書いていきます。

この記事伝えたいことは、年代によってダイエット法は変えた方がいいです。当たり前ですが20代と50代はどんな綺麗な人でも違います。考え方を少し変えるだけで楽にダイエットが成功するかも知れません。

代謝

20代をピークに40代から筋肉量は感じるほどに減っていきます。最初に体型の変化や体力の低下を感じやすいのは40代でしょう。50代になれば更に実感がある人もいるでしょう。50代のダイエットには下半身の筋肉量を取り戻すことが必須です!

筋肉量の減少は基礎代謝や活動代謝の低下を招きます。基礎代謝は寝てるだけでも消費するエネルギー量で、活動代謝は生活の中で動く時のエネルギー量です。このエネルギーが減ってしまえば体脂肪は増えやすくなってしまいます。

特に全身の筋肉の中で多くを占めているのは下半身の筋肉です。つまり下半身の筋肉が減ることはダイエットには大きな影響があります。

パーソナルトレーニングでも下半身の筋力トレーニングをしっかり行います。下半身のトレーニングは分かりやすい例としてはスクワットです。スクワットをしている人は意外と少ないですし、しっかりフォームと回数を設定できている人も少ないです。

自分の身体に合う設定で実施することで、体脂肪が減り始める人は多いです。

呼吸の質

呼吸が深くできていないと痩せづらくなる原因になります。呼吸を深くとは抽象的なので具体的にご説明すると呼吸は無意識にしていますが、呼吸に関連する筋肉は多くあります。この呼吸に関連する筋肉が普通に動いてくれれば深く呼吸ができます。

しかし多くの人が一部の筋肉に大きい負荷をかけて呼吸をしています。これは呼吸が浅い状態です。ストレスが多くかかる人は呼吸が浅くなり傾向があります。それに慣れてしまうと深い呼吸ができなくなってしまいます。

具体的な方法は割愛しますが、簡単な方法をご紹介します。

1分間の間に5回だけ呼吸をして下さい

吸って吐くのセットで1回としてカウントします。簡単にできた方は心配はないでしょう。しかし5回以内に収まらない人は呼吸が浅くなっているかもしれません。

腸内環境

最後の1つが腸内環境です。腸内環境が悪いと努力が無駄になってしまうかもしれません。今回は長くなってしまったので、次回続きを書こうと思います。

まとめ

年代によってダイエット法は変える!

ご相談・体験はお気軽にどうぞ!

体験レッスンはこちら

Twitter
出張対応エリア ■東京都 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・町田市・八王子市・多摩市・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・国分寺市・国立市 ■埼玉県 さいたま市・川口市・所沢市・入間市・川越市・羽生市
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク