毎年この時期に体調不良になりませんか?

こんにちは

東京・埼玉を中心に出張パーソナルトレーニングをしている

瀧田雄也です。

体調不良の原因は自律神経?

自律神経パーソナルトレーニング

この時期になるとご相談で体調不良に関した話が多くなります。病気になって病院に通うというレベルまでではないが、何だか調子が悪い程度です。

最近雑誌などのメディアでも取り上げられていますが自律神経が原因ではないか?という話があります。今回はその自律神経について少し書きたいと思います。

毎年4月頃に体調を崩しませんか?

毎年このくらいの季節になると体調を崩すという事はありませんか?

もし心当たりがある方は自律神経の問題の可能性があります。勿論他に原因がある可能性も十分あるので断定はできません。

私がトレーニングをみてきた人達にも多い例ではあります。

自律神経が関係する体調不良

・肩こりがある

・偏頭痛がする

・口が渇く

・動悸がする

・身体が重い

・トイレが近い

以上のような事が症状としては考えられます。

 自律神経系のバランスが崩れると

自律神経の話は詳しくすると難しくなるので簡単に説明します。

自律神経系は交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)という2種類に分かれ、アクセルとブレーキのような関係性を持っています。活発に動けば交感神経つまりアクセルが優位になり。眠る時にはブレーキ副交感神経が優位になるのが正常です。

しかしこれが逆になってしまえば、日中に活動しなくてはならない時に怠くなり、夜にはよく眠れなくなります。

つまりよく眠れなくなり疲れが溜まってしまい。上記の様な症状が出る可能性があります。

このアクセルとブレーキを使い分けて身体を危険から守ったり、休息させて体調を一定に保つ機能を取り戻す必要があります。

回復は何をするのにも重要!

しっかり体を回復させることは、とても重要です!ダイエット、アンチエイジング、美容、スポーツであろうと回復が出来ないと頑張っているのに結果がでなくなってしまいます。

私もパーソナルトレーニングで自律神経系の調整は必須で行います。体調管理だけでなく運動の効果を出すのにも非常に重要な要素です。

たきたゆうや

ご相談・体験はお気軽にどうぞ!

体験レッスンはこちら

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする